noknow justlife logo
現在 日本 ノマド 中!!

最強の抗酸化作用!ワインの副産物【グレープシードオイル】効果と注意点

\\ この記事はこんな人におすすめ //

  • 健康オイルを探している
  • グレープシードオイルの効果を知りたい
  • 自分に合うオイルを探している

目次

  1. 1.グレープシードオイルとは
  2. 2.グレープシードオイルの効果
  3. 3.グレープシードオイルの使い方
  4. 4.グレープシードオイルの注意点

グレープシードオイルとは

グレープシードオイルはワインの副産物で、白ワインを作るときに取り除かれる、葡萄の種を乾燥させて搾油します。ワイン同様ポリフェノールが豊富で抗酸化力に優れたオイルでアンチエイジングに効果的です!

グレープシードオイル脂肪酸
主要脂肪酸 リノール酸
加熱 短時間加熱OK(軽い炒め物程度)
保存方法 冷暗所
味・香り・テクスチャー サラッとかるく、無臭、白ワインの香りがするものもある
脂溶性ビタミン ビタミンE
ファイトケミカル アントシアニジン、プロアントシアニジン、レスベラトロール

グレープシードオイルの効果

プロアントシアニジンで抗ガン作用!

プロアントシアニジンには、がん細胞の増殖を抑える働きがあるという研究結果があります

ポリフェノールで抗アレルギー作用!

ポリフェノール類を多く含むグレープシードオイルは上手に使えば、その抗酸化力でアレルギーの予防や緩和につながります。

アンチエイジング!

豊富なビタミンEとファイトケミカルのプロアントシアニジンは抗酸化作用がとても強く体内の増え過ぎた活性酸素を除去してくれるので、老化防止につながります。

グレープシードオイルの使い方

一般的にさらっとした無臭のオイルなので、食材を選ばないオイルだと言われています。
しかし私がジョージアのワイナリーで購入したグレープシードオイルはオイルに蔵の香りが移り、白ワインのような風味と、オリーブオイルのような青味のある濃厚な味わいでめちゃくちゃ美味しかったです^ ^

・普段の料理に

無臭のさらっとしたオイルなら、軽い加熱ように!
リノール酸が豊富なオイルではありますが、抗酸化力に優れたオイルなので、少しの加熱は可能。ただ、発煙点はあまり高くないので、揚げ物など高温が続く料理には不向きです。

・サラダやパンに

白ワインの風味がするこってりしたオイルなら、その風味が活かせるよう生で食べるのがおすすめ!
パンとの相性も良く、お酢と合わせれば美味しいドレッシングになります^ ^

グレープシードオイルの注意点

ワインのようにポリフェノールが豊富で、抗酸化作用の強いグレープシードオイルですが、注意なのが、リノレン酸が主要なオイルだということ。
リノール酸は必須脂肪酸の一つではありますが、現代人の食生活では摂り過ぎている場合がほとんど。リノール酸は摂取し過ぎると、アトピーなどの炎症性皮膚疾患や心臓病、動脈硬化のリスクを上げることがわかっています。

健康オイルとして注目はされていますが、個人的な感想としては、グレープシードオイルはファイトケミカルの恩恵が受けられるものの、常時使用するほどメリットのあるオイルだとは思っていません。ましてや、日本でよく販売されているグレープシードオイルは溶剤抽出のものが多く、無味無臭。美味しくもなければ、安全とも言い切れません。(※私が使ったジョージアのグレープシードオイルはコールドプレスで、味がめちゃくちゃ美味しかったので、使う価値は大いにあったと思います!)

なのでもしグレープシードオイルを使ってみようと思うなら、必ずコールドプレス(低温圧搾)の遮光瓶に入ったものを購入するようにしてください!またいつも使っていいるオイルを全てグレープシードオイルに置き換えるということはせず、あくまでもサブのオイルとして使うようにしてみてください^ ^

『質の良いオイルの選び方』をもっと詳しく見たい人は以下の記事にをご覧ください!

体に良いオイルとは?

【健康オイル生活】体に良いオイルとは?

この記事を読む

他にもいろいろな食用オイルを紹介しています↓
ご興味あればご覧ください^ ^

食用オイル一覧、オイル事典

【食用オイル一覧】有名なものからマイナーなものまでオイル全51種類!

この記事を読む
Chika profile

Chika Sato

オーガニックな旅暮らし

  • Bio Life Coordinator
    • 管理栄養士
    • 薬膳コーディネーター
    • フードコーディネーター
    • 全米ヨガアライアンス 勉強中
    • アロマセラピスト 勉強中

関連記事