noknow justlife logo
現在 日本 ノマド 中!!

尿のトラブルに【パンプキンシードオイル】使い方と注意点

\\ この記事はこんな人におすすめ //

  • 健康オイルを探している
  • パンプキンシードオイルの効果を知りたい
  • パンプキンシードオイルの使い方を知りたい

目次

  1. 1.パンプキンシードオイルとは
  2. 2.パンプキンシードオイルの効果
  3. 3.パンプキンシードオイルの使い方
  4. 4.パンプキンシードオイルの注意点

1. パンプキンシードオイルとは

ハロウィンで使われるかぼちゃの種からとれるオイル。1リットルのオイルを作るのに約35個のかぼちゃを使うそうです。

ビタミンやファイトケミカルが豊富で、尿トラブルや前立腺肥大、アレルギーなどの改善が期待さていて、ヨーロッパでは泌尿器科の医薬品の原料としても使われるそうです!

パンプキンシードオイル脂肪酸
主要脂肪酸 リノール酸
加熱 短時間加熱OK(軽い炒め物)、生食がおすすめ
保存方法 冷蔵
味・香り・テクスチャー とろみはあるがあっさり、香ばしく、苦味と自然な甘さ
脂溶性ビタミン ビタミンA、ビタミンE(γ-トコフェロール)ビタミンK
ファイトケミカル ロズマリン酸、β-カロチン

2. パンプキンシードオイルの効果

尿トラブルの改善に!

豊富に含まれる、ビタミンEのγ-トコフェロールやファイトケミカルのリグナン類には尿失禁・頻尿などの尿トラブルを改善するはたらきがあります。

前立腺の機能をサポート!

前立腺が肥大すると、尿道が圧迫されて頻尿や残尿などの症状が出ます。
ミネラルの亜鉛は生殖機能の維持にとても大切な成分。なので男女問わずおすすめのオイルになります!

また亜鉛は味覚を正常に保つためも重要な成分です!

抗アレルギー作用!

ファイトケミカルのロズマリン酸やリグナンには抗アレルギー効果が期待できます。

妊娠線の軽減や予防に!

ファイトケミカルのβ-カロテンとビタミンEは細胞の酸化や、肌の老化を防いで、肌の再生をサポートしてくれます!

3. パンプキンシードオイルの使い方

・一番のおすすめは、生で食べる

濃い緑色で香ばしいパンプキンシードオイルは加熱はぜず、温野菜やスープにかけて食べるのがおすすめ!
またほんのり甘い風味もあるので、バニラアイスや牛乳プリンなどにかけても美味しくなります^ ^

・サッと炒め物に

風味が豊かで、生で食べるのがおすすめのオイルですが、少しくらい火にかけても大丈夫!
料理の仕上げにオイルをかけ、サッと炒めてみてください^ ^

・ボディマッサージに

【パンプキンシードオイルの効果】でもお話しした通り、美肌オイルであるパンプキンシードオイルは妊娠線の予防や軽減に役立ちます。
ただ、油焼けを起こす可能性があるので、太陽にあたる部分への使用は避けるか、酸化しいにくいオイルと混ぜて使う、夜だけ使うなど少し注意が必要です。

4. パンプキンシードオイルの注意点

一つ目は、品質に注意ということ。
具体的には原料(オーガニックかどうか)低温圧搾法(コールドプレス)であること遮光瓶に入っていることなどです!
これはどの油でも言えることですが、特に酸化しやすいオイルでは気をつけましょう!

二つ目は、日中スキンケアには使わないということ。
上記でもお話しした通り、パンプキンシードオイルは太陽に照らされると、酸化して油焼けを起こします。酸化(油焼け)してしまったオイルを肌につけたままにしおくと、肌荒れの原因になってしまうので、スキンケアにパンプキンシードオイルを使う場合は夜のお風呂上がりや、直接太陽に当たらない部分に使いましょう!


また『質の良いオイルの選び方』をもっと詳しく見たい人は以下の記事にをご覧ください!

体に良いオイルとは?

【健康オイル生活】体に良いオイルとは?

この記事を読む

他にもいろいろな食用オイルを紹介しています↓
ご興味あればご覧ください^ ^

食用オイル一覧、オイル事典

【食用オイル一覧】有名なものからマイナーなものまでオイル全51種類!

この記事を読む
Chika profile

Chika Sato

オーガニックな旅暮らし

  • Bio Life Coordinator
    • 管理栄養士
    • 薬膳コーディネーター
    • フードコーディネーター
    • 全米ヨガアライアンス 勉強中
    • アロマセラピスト 勉強中

関連記事